未分類

弁護士特約を利用


弁護士特約任意保険の中には弁護士特約と呼ばれる特約があります。後遺症が残らなくても交通事故の場合の示談交渉では弁護士に依頼するとたくさんのメリットがあります。示談交渉自体非常にストレスが多く時間が取られるものなので、そうした面倒な作業から解放されるだけでも大きなメリットと言えるでしょう。弁護士特約は実際それほど高額な特約ではないので、入っておいて損はないでしょう。もしも自分で弁護士を雇う場合、軽い事故の場合は結局弁護士費用の方が高くついてしまい費用倒れ方になってしまうという不安があります。

一方弁護士特約の場合はそうした軽い事故の場合でも費用倒れの心配がないというのが良い点です。もちろん大きな事故に遭って障害が残るような怪我を負った場合はたとえ弁護士特約に入っていなくても、個人的に交通事故を専門にしている弁護士を探して仕事を依頼することがお勧めです。大きな事故になって関係する事柄が増えても、弁護士に相談できると安心感があります。もちろん示談金や慰謝料の金額が弁護士基準になって増額されるという可能性も高いです。そして障害等級の認定に関しても手続きから交渉まで大きな力となってくるので、ぜひ弁護士の無料相談などを積極的に用いて交通事故被害に対処していきましょう。