未分類

交通事故で後遺障害が?


交通事故の被害に遭った場合、精神的な痛手だけでなく、身体的な痛手も負ってしまうことがあります。多くの場合は軽いむち打ち程度で済むかもしれませんが、ときには長い期間治療が必要になったり、後遺障害が残ってしまったりするような大きな事故もあります。一口に後遺症といっても目に見えるわかりやすい後遺症と、なかなか目には見えにくい後遺症の2つがあります。体を動かすのが難しくなったりしびれが残ったり、あるいは傷跡が残ったりするなど目に見えやすいものもありますが、むち打ちのようになかなか表に出にくい後遺症もあります。また首のむち打ちなどに関しては症状を甘く見てしまう人がいて、そうしたものを後遺症として認定はしないと思い込んでいる人も多いようです。

後遺症一般的に後遺症という言葉は普段の生活の中でも使われると思いますが、後遺障害という言葉は普段の生活ではあまり使わないかもしれません。交通事故にあって受けた怪我が今後も回復の見込みがない状態と医師によって判断され、遭遇した交通事故とその怪我に相当な因果関係があることが認められ、将来的に労働能力の低下などを伴うものであるならば、それは後遺障害として認められ等級に該当する者とみなされる可能性があります。単純に怪我をした部分の治療や入院や通院に対する慰謝料だけでなく、この後遺障害は認定されるとそれに対しても損害賠償が請求できます。こうした等級はかなり細かく分かれており、素人で個人的に全ての手続きをするのは難しい場合が多いので、専門の弁護士に依頼する人が多いです。

脳脊髄液減少症とは