未分類

後遺障害を認定してもらう


書類後遺障害の認定の申請に関しては被害者本人が申請をする被害者請求と、相手方の任意保険会社が窓口になる事前認定等があります。どのような形で申請するかによってかかってくる費用や手順等が変わってきます。被害者本人が請求する場合にはかなりの労力や時間がかかることになるでしょう。もちろんうまくいくと被害者請求によって得をすることができると考える人がいますが、実際には様々な書類の収集や各種書類の作成、手続きなどを自分でおこなうのは相当骨の折れる仕事です

さらに必要な場合には途中で申請費用を一旦負担しなければいけないことも多いでしょう。こうしたことを考えると、ただでさえ事故に遭って後遺症が残っている体でいろいろな手続きをするよりも、その道のプロに手続きを依頼する方が賢明でしょう。とはいえ相手方の任意保険会社に依存するというのはいまいち安心できないと感じる方もいると思います。そうした点を考えるとやはり交通事故の分野に強い専門の弁護士に等級認定の申請の依頼をするのがベストなチョイスではないでしょうか。まずは無料相談から受け付けてくれる弁護士事務所も多いので実績の多い弁護士を探して依頼するのが良いでしょう。