未分類

弁護士特約を利用


弁護士特約任意保険の中には弁護士特約と呼ばれる特約があります。後遺症が残らなくても交通事故の場合の示談交渉では弁護士に依頼するとたくさんのメリットがあります。示談交渉自体非常にストレスが多く時間が取られるものなので、そうした面倒な作業から解放されるだけでも大きなメリットと言えるでしょう。弁護士特約は実際それほど高額な特約ではないので、入っておいて損はないでしょう。もしも自分で弁護士を雇う場合、軽い事故の場合は結局弁護士費用の方が高くついてしまい費用倒れ方になってしまうという不安があります。

一方弁護士特約の場合はそうした軽い事故の場合でも費用倒れの心配がないというのが良い点です。もちろん大きな事故に遭って障害が残るような怪我を負った場合はたとえ弁護士特約に入っていなくても、個人的に交通事故を専門にしている弁護士を探して仕事を依頼することがお勧めです。大きな事故になって関係する事柄が増えても、弁護士に相談できると安心感があります。もちろん示談金や慰謝料の金額が弁護士基準になって増額されるという可能性も高いです。そして障害等級の認定に関しても手続きから交渉まで大きな力となってくるので、ぜひ弁護士の無料相談などを積極的に用いて交通事故被害に対処していきましょう。

未分類

後遺障害を認定してもらう


書類後遺障害の認定の申請に関しては被害者本人が申請をする被害者請求と、相手方の任意保険会社が窓口になる事前認定等があります。どのような形で申請するかによってかかってくる費用や手順等が変わってきます。被害者本人が請求する場合にはかなりの労力や時間がかかることになるでしょう。もちろんうまくいくと被害者請求によって得をすることができると考える人がいますが、実際には様々な書類の収集や各種書類の作成、手続きなどを自分でおこなうのは相当骨の折れる仕事です

さらに必要な場合には途中で申請費用を一旦負担しなければいけないことも多いでしょう。こうしたことを考えると、ただでさえ事故に遭って後遺症が残っている体でいろいろな手続きをするよりも、その道のプロに手続きを依頼する方が賢明でしょう。とはいえ相手方の任意保険会社に依存するというのはいまいち安心できないと感じる方もいると思います。そうした点を考えるとやはり交通事故の分野に強い専門の弁護士に等級認定の申請の依頼をするのがベストなチョイスではないでしょうか。まずは無料相談から受け付けてくれる弁護士事務所も多いので実績の多い弁護士を探して依頼するのが良いでしょう。

未分類

脳脊髄液減少症とは


脳脊髄液減少症実際交通事故で負ってしまう可能性のある怪我というものにはありとあらゆるものが含まれますが、中には難しい名前の障害もあります。そのうちの1つが脳脊髄液減少症と言うものです。交通事故の後遺症として診断される可能性のあるものです。脳脊髄液減少症というのはいったいどのような症状なのでしょうか。これは髄液を覆っている膜が損なわれてしまうという怪我で、その結果髄液が外に漏れてしまうというものです。比較的最近こうした障害の存在が明らかになってきました。髄液が漏れ出してしまうと脳が動きやすい状態となってしまいます。このことが影響して様々な症状が表に現れてしまうわけです。

交通事故に遭って強い衝撃が頭部や体幹に与えられるとこの脳脊髄液減少症が引き起こされることがあります。一般的にこうした症状はむち打ちの症状として片付けてしまうことが多いのですが、似ている症状があるとしても一般的に言われるむち打ちとは異なる障害といえます。むち打ちは多くの場合半年未満で改善してくるものが多いようですが、脳脊髄液減少症は数年間も辛い症状が継続することがあるのです。脳脊髄液減少症と診断された場合は、むち打ちと同程度のものだろうなどと考えず、しっかりと根気よく治療していく必要があります。

≪関連HP≫交通事故後遺障害

未分類

交通事故で後遺障害が?


交通事故の被害に遭った場合、精神的な痛手だけでなく、身体的な痛手も負ってしまうことがあります。多くの場合は軽いむち打ち程度で済むかもしれませんが、ときには長い期間治療が必要になったり、後遺障害が残ってしまったりするような大きな事故もあります。一口に後遺症といっても目に見えるわかりやすい後遺症と、なかなか目には見えにくい後遺症の2つがあります。体を動かすのが難しくなったりしびれが残ったり、あるいは傷跡が残ったりするなど目に見えやすいものもありますが、むち打ちのようになかなか表に出にくい後遺症もあります。また首のむち打ちなどに関しては症状を甘く見てしまう人がいて、そうしたものを後遺症として認定はしないと思い込んでいる人も多いようです。

後遺症一般的に後遺症という言葉は普段の生活の中でも使われると思いますが、後遺障害という言葉は普段の生活ではあまり使わないかもしれません。交通事故にあって受けた怪我が今後も回復の見込みがない状態と医師によって判断され、遭遇した交通事故とその怪我に相当な因果関係があることが認められ、将来的に労働能力の低下などを伴うものであるならば、それは後遺障害として認められ等級に該当する者とみなされる可能性があります。単純に怪我をした部分の治療や入院や通院に対する慰謝料だけでなく、この後遺障害は認定されるとそれに対しても損害賠償が請求できます。こうした等級はかなり細かく分かれており、素人で個人的に全ての手続きをするのは難しい場合が多いので、専門の弁護士に依頼する人が多いです。

脳脊髄液減少症とは